Information

Financialサポートデスク設置のご案内

創業をお考えの方、小規模事業者さま向けに<Financialサポートデスク>設置いたしました。

創業をお考えの方、小規模事業者さまへ 金融分野に関する課題や悩みを持つ創業をお考えの方、小規模事業者の皆さまに、 somoが培ってきた知見・ノウハウ・ネットワークを活用した課題解決に繋がるソリューションをご提供いたします。

お問い合わせはこちら

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら下記日程にてゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

【ゴールデンウィーク休業日】 2022年4月29日(金)~ 2022年5月5日(木)

【業務開始日】 2022年5月6日(金)

休業に伴い皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

成人年齢引き下げ金融トラブル防止へ連携強化

2022年4月1日から成人年齢が18歳になります。4月に成人年齢が引き下げられると、親の同意がなくても18歳からクレジットカードやローンの契約を結ぶことができるようになります。これを前に金融庁は、新たに成人となる若者がローンの契約などでトラブルに巻き込まれるのを防ぐため、金融トラブル防止へ連携強化されます。

これにより、18歳、19歳の若年者が積極的に社会の中で主体的な役割を果たし、社会に大きな活力をもたらすことが期待される一方で、若年者が過大な債務を負わないようにすることが金融機関では重要になってきます。

 

■18歳(成年)になったらできること

親の同意がなくても契約ができる、携帯電話の契約、ひとり暮らしのアパートを借りる、ローンを組むクレジットカードを作る、結婚可能年齢が、男女とも18歳に、10年有効のパスポートの取得、公認会計士や司法書士、医師免許、薬剤師免許などの国家資格を取る、性同一性障害の人が性別の取り扱いの変更審判を受けられるなど

 

■20歳にならないとできないこと(これまでと変わらないこと)

飲酒をする、喫煙をする、競馬、競輪、競艇、オートレースの投票券(馬券など)を買う、大型、中型自動車運転免許の取得、養子を迎えるなど

 

新しい支援金「事業復活支援金」が発表されました。

今回の事業復活支援金は、返済が不要で、法人はもちろん、個人事業主でも可能です。

個人の事業者でも50万円までもらえます。

◎給付額

2021年11月から2022年3月までのいずれかの「月」と2018・2019・2020年の「11月から3月までの同じ月」を比較。

50%以上下がっている月があれば、最低100万円の支援金が給付される可能性が非常に高くなります。

※年間売上高によっては最大250万円まで給付が可能です

 

国から給付を受けられる新しい支援金「事業復活支援金」の概要。

詳細はこちら

 

申請期間は、1月31日から5月31日までの申請期間となります。

<アシスト行政書士法務事務所>が申請代行をお手伝いさせていただきます。

お問い合わせはこちら

消費者庁が悪質商法をAIで分析

近年、サブスクリプションサービスなど取引のデジタル化に伴う被害が多発し、全国から国民生活センターに集まる年間の消費者からの相談件数は、90万件前後と言われております。これまでは担当者が経験などを頼りに、他の消費トラブルや被害事例を検索し、トラブルになりやすい契約かどうかを分析してきましたが、被害拡大を覚知できなかったこともありました。

そこで、消費者庁は悪質商法を巡って消費者から寄せられた情報を人工知能(AI)で分析して被害の防止につなげる実証実験を開始し、民間と連携し注意喚起に活用する取り組みを始めているようです。

高校で「金融教育」必修化

欧米諸国に比べて金融教育が遅れていると言われる日本ですが、いよいよ2022年4月から、高校で「お金」に関する教育が必修になります。

家庭科の授業に株式や投資信託など資産形成が加わり長期の資産形成に役立つ金融リテラシーを備えた未来の投資家を育もうと、官民の取組みが広がってきました。

金融庁は高校生向けの教育に力を入れ、ユーチューブで、「高校生のための金融リテラシー講座」の配信を始めています。

4月から成人年齢が18歳に引き下げられ、若年層に向けた重みがさらに増しています。

 

サブスク契約にルールを整備

近年、月額定額により、動画が見放題になる、家具をレンタルできるなど、多様なサブスクリプション型のサービスが提供されていますが、一度契約すると解約しない限り利用の有無にかかわらず支払いを続けていたなどのトラブルが相次いでいます。

 

そこで、消費者庁はサブスクリプション(定額課金)サービスの契約トラブルを防ぐためのルール整備に乗り出すことになりました。契約期間などのサイトでの表示項目や方法を定める初の指針を策定するほか、消費者契約法を改正して解約情報の明記を努力義務にするなど、市場拡大に追いついていなかった消費者保護の仕組みづくりを急いでいます。

【メディア掲載】「CNETJapan」で紹介されました。

 

このたび、弊社の分割払いプラットフォーム<分割PAY>が、「CNETJapan」で紹介されました。

 

掲載記事の詳細はこちらよりご覧ください。